FC2ブログ

Entries

そして、解散の風が吹く。

こんにちは。黒乃です。
あまりにも久々過ぎて、私の事を忘れられているかもしれへんね。
ここでちょっとマジメなお話をしている黒乃お姉さんですよ。
んー、憶えてない?
それは困ったなぁ……


それはともかく、今日は私からのちょっとマジメなお話。

ここ数日、急に衆議院の解散の話が浮上してきた。
それを裏付けるかのように、公明党の支持母体である創価学会が総選挙に向けて活動を始めるように指示したんやそうや。
創価学会が総選挙に向けて動き始めたんやとすれば、ほぼ衆議院の解散は間違いないんやと思う。
なにしろ、こういった事は一度動き出したら止まらへんし、止めようがあらへんからね。

しかし、今回の解散は何のためなんやろうか?
テレビや新聞なんかを見ていると、理由の一つに消費税の増税が背景にあるらしい。
今回の解散総選挙で“消費税増税の延期”を掲げて与党が過半数を制すれば、景気悪化を招く消費税増税を回避できる、と踏んでいるんやそうや。

せやけど、首相や日銀総裁は消費税が5%から8%に税率が上がってもアベノミクスによって日本はデフレから脱却し景気は回復に向かっている、と繰り返し言っている。
もし、その言葉通りやったら、消費税が10%に上がってもアベノミクスによって景気は揺らぐことなく日本経済は成長し続けるはずである。
それやのに、消費税増税で景気が悪化するんやったら、アベノミクスは経済政策として失敗とちゃうんか?

そもそも、アベノミクスって何かしたっけ?
もはや異常ともいえる異次元の金融緩和と、無駄に無駄を重ねた公共事業の乱発、そして……

……それ以外に、なんかあった?
これといったモンが出て来ないんやけど。

それに、今国会では「地方創生」や「女性が輝ける社会の実現」とかが目標やったんとちゃうんか?
ここで衆議院の解散となれば、そういったもんが全てパーになる(でも、小渕優子をはじめとする『政治とカネ』の問題で今国会は揺れていたんやから、解散はそれらを吹っ飛ばす事になったんやから、『政治とカネ』の問題に晒されていた人達は万々歳やったんやろうけど)。

やっぱり、政治家は国民の生活より、自分達の政治的利権の方が大切なんやろうね。
特に、与党の政治家にとって。
せやから、1000億円近くかかるといわれる総選挙の費用を国民の税金で浪費する事もなんとも思わへんのやろうなぁ……


正直に言って、政治業者と言ってもいい利権屋の政治家は要らない。
せめて、今回の解散総選挙で少しでも国民のために働く政治家が議員になって欲しいもんである。


それではまた機会があれば、ちょっとマジメな話をしてみたいと思う。
それまでほなねー。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kansaikyuko.blog.fc2.com/tb.php/142-14eabc97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

尖閣暑冬

Author:尖閣暑冬
関西急行鉄道へようこそ!
このブログでは、
どうでもエエ事を書くで。

カウンター

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR