FC2ブログ

Latest Entries

軽減税率は全然軽減になってないと思うのは私だけなのか!?

どうも、暑冬です。

来年の10月から消費税が10%に上がる。
イヤですねぇ。

同時に軽減税率が導入される。
「生活に最低限必要なもの」については税を軽減するというものだ。

軽減税率は良いように思われているが、軽減税率の税率は8%。
これって、今と変わらないじゃん。
どこが『軽減』なんだよ。

それも、「生活に最低限必要なもの」については軽減されるはずなのに、軽減されないものがいくつもある。

例えば、水道。
水道って、水道が止められると生きていけなくなるぐらいの絶対に必要なものですよね。
それなのに、何故か軽減税率の対象外。
その一方で、ミネラルウォーターは軽減税率の対象となっている。
ミネラルウォーターって、嗜好品であり、水道があれば生活に最低限必要なものではない。

調味料であるみりんも軽減税率の対象外だ。
みりん以外の調味料は対象なのに。
でも、法的解釈によれば、みりんは酒類扱いになるんだそうだ。
軽減税率は酒類は対象外のため、みりんは軽減税率が適用されないんだと。

上記以外にも色々とあるが、全てを書くとキリがないので割愛するが、言いたい事は軽減税率は滅茶苦茶だということだ。
こんな面倒で滅茶苦茶なものを導入するくらいなら、一律で10%にした方がスッキリする。
その上で、低所得者向けに現金給付という形にしとけば色々な問題を回避できるのに。

恐らく、政府や与党が低所得者のための政策をやってますよ、というパフォーマンスをしたかったからだろう。
だから軽減税率を導入したんだろう。
でも、軽減税率は消費額が大きい高額所得者にはメリットがあっても、消費額が小さい低所得者にはメリットは無い。
軽減税率といっても、今の税率と同じ8%ですからねぇ。

どうしても軽減税率を導入するのなら、軽減税率の税率を5%ぐらいにまで引き下げて欲しいもんだ。


それでは。
ほな。


スポンサーサイト

迫撃砲弾が演習場の外に飛び出ちゃったよ!

どうも、暑冬です。

昨日、陸上自衛隊饗庭野演習場に隣接する国道に81ミリ迫撃砲の実弾1発が着弾する事故が起きた。
どうやら、この事故は人為的なミスによるものらしい。

演習場の外に出た迫撃砲弾は一番最初に発射したものだったようだ。
方角や角度などの最初の設定が大きくずれていたため、演習場の外に出てしまったらしい。

まぁ、正しく運用されていれば砲弾が演習場の外に出ることは無かったんだろう。
でも、その正しく運用する事を身に着けるために訓練を行っていたワケで、地元自治体がその訓練を中止しろ、というのはどうなのかと思う。
訓練が出来ないのであれば、ますます兵器運用が不慣れになってしまうのだから。

もっと、広大な演習場があればいいんですが。
でも、日本列島って狭いうえに、約1億2000万人も住んでいる。
自衛隊が一般市民の目を気にせずに訓練できるだけの広い土地なんて、この日本にはどこにもないですからねぇ。

とりあえずは、再発防止策を打ち出し、地元自治体に丁重な説明を行って出来るだけ早いうちに訓練再開できるようにするべきですね。


それでは。
ほな。


寒くなってきましたねぇ。。。

どうも、暑冬です。

寒くなってきましたね。
そのため、自分は体調を崩してしまいましたが。

これからますます寒くなります。
みなさんも体調管理には気を付けましょう。
って、言う前に、私が体調管理を気を付けなければいけないんですけどね!


それでは。
ほな。


第一次世界大戦って、もう100年も昔の話なんですねぇ。。。

どうも、暑冬です。

昨日は11月11日。
ポッキー&プリッツの日であり、きりたんぽの日であり、立ち飲みの日でもあった。
だが、国際社会としてはもっと重要な日だった。

それは、第一次世界大戦終戦の日だからだ。
それも、昨日でちょうど100年となる。

100年前のあの日、誰もが世界はこれで平和になると思ったハズだ。
だが、その後、第二次世界大戦が起き、冷戦となり、テロが多発する世界となっている。
そして、アメリカをはじめ多くの国で自国ファーストが叫ばれている。
100年前の人達は100年後の世界にはまだ世界平和が無いとは思ってもいなかっただろうなぁ。

第一次世界大戦って、もう100年前なんですねぇ……


それでは。
ほな。


エドワードとヘンリーがリストラされちゃったヨ。

どうも、暑冬です。

なんてこった!
エドワードとヘンリーがリストラされた!!

どういう事だって?
来年公開予定の『きかんしゃトーマス』の映画には女の子機関車のニアとレベッカが登場するんだそうだ。
そのため、エドワードとヘンリーがリストラされることに……

何故、エドワードとヘンリーがリストラされたのか。
『きかんしゃトーマス』の制作会社が国連の持続可能な開発目標(SDGs)を取り入れたためだ。
このSDGsには17項目あり、その内の「ジェンダー平等を実現しよう」などの複数の項目を取り入れたため、男女比率を是正する必要が出たためだ。
そのため、男の子機関車のエドワードとヘンリーがリストラされ、代わりに女の子機関車のニアとレベッカが登場する事になったワケだ。

まぁ、これも時代の流れなんだろう。
エドワードとヘンリーが可哀そうだとは思うのだが。

でもさ、一つだけ違和感があるんだよ。
女の子機関車のニアの設定がケニア出身となっている。
でも、ケニアには蒸気機関車を製造することが出来ないのではないか、とか思うのだが。
まぁ、その辺は『お約束』として深く突っ込んじゃあいけないんだろうケド。

エドワードとヘンリー、さらばだ。


それでは。
ほな。


Appendix

プロフィール

尖閣暑冬

Author:尖閣暑冬
関西急行鉄道へようこそ!
このブログでは、
どうでもエエ事を書くで。

カウンター

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR